Article

        

山菜“ミズ”の季節になりました!

2017/ 06/ 19
                 
最近、ありがたい事に、山菜『ミズ』をよく頂きます。
IMG_1643.jpg 

ウィキ先生によると『ミズ』の学名は『ウワバミソウ』、名称の由来はウワバミ(大蛇)の住みそうな所に生えている草、という意味だそうです。山菜『ミズ』は方言で、水辺や湿地帯で自生していることに由来するとの事。山菜特有の「アク」や「クセ」が無く、シャキシャキと水々しい山菜です。

せっかくですので、ここで下ごしらえの仕方と簡単なお料理のアレンジをまとめておきたいと思います。

*ミズの下ごしらえ
『ミズ』は、まず一辺をスーっと下まで引いて皮をむきます。
IMG_1582 (2) 

茎を4~5㎝くらいにポキッと折って、茎に付いてる皮を下まで引っ張ってむき、またポキッと折ってを繰り返します。
 IMG_1545 (2)

むき終わったら、沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れ『ミズ』を茹でます。
色がキレイな緑色になったらザルにあげ、水をかけ冷まして出来上がり(^^♪

下ごしらえした『ミズ』のレシピは↓ご参照。色々使えますよ~。

*ミズたたき
根と茎は、細かくたたくことで粘り気がでます。トロトロの食感が好きな方には、『ミズたたき』がおすすめ。ごはんにかけたり、冷奴にもよく合います。
IMG_1559.jpg 

【作り方】
下処理した『ミズ』を5mmくらいに切り、すりこぎに一握りずつ入れて磨りつぶす。これに、味噌や山椒、ミョウガ、だし醤油等を加え、さらにスリスリして出来上がり!

*ミズのペパロンチーノ
茎の部分は特にシャキシャキとした歯ごたえを楽しめる調理法がおススメです!油とも相性がいいのでペパロンチーノにしてみたら、これが絶品でした。
IMG_1648.jpg 
【作り方】
フライパンにオリーブオイルとニンニクのみじん切りをいれ中火で温める。ニンニクの香りが立ったら、『ミズ』を投入。火が通ったら鷹の爪と水菜も加えて、アンチョビ(or しょっつる)で味付けします。

*ミズの浅漬け
かぶ、白菜、にんじん、きゅうり、ラディッシュ等と一緒に浅漬けも美味しいですよ(#^^#)
IMG_1650.jpg 

*ミズの炊き込みご飯
椎茸、人参、油揚げ、とうもろこし等と一緒に炊き込みご飯もいけます(*^^)v
IMG_1621.jpg 

「アク」や「クセ」が無くシャキシャキと歯ごたえがいいので、色々なお料理に使えます。手に入ったら是非トライしてみて下さいね(^_-)-☆

愛用のキッチンアイテム、テーブルウェアなどなどはROOMで紹介しています。

 きくママのROOM 


2つのランキングに参加しています。 
バナーをクリックして頂けると励みになります。
↓↓↓
 


いつも応援ありがとうございます!(#^.^#)


 

                         
                                  

コメント